やっぱこれだね!花王キュレル日焼け止めリピート3本目に突入

キュレル スキンケア
記事内に広告が含まれています。

今使っている日焼け止めがそろそろなくなるので、次は違うブランドの日焼け止めにトライしてみようかなと思いました。

そこでいろいろ調べてみたのですが、やっぱり今回もキュレルの日焼け止めにしました。
使い始めてこれが3本目になりますが、あらゆる面でこの日焼け止めは優秀なアイテムです。

キュレルの商品では、他にボディスプレーも使用しているので、あわせてご紹介します。

日焼け止めに求める条件

充分な効果を得られるSPF値

3月頃からUVA波(紫外線A波)は徐々に増え始めます。

日常の紫外線対策としては、日傘を差したり手袋をしたりしています。
顔に関しては、ほぼ一年中日焼け止めを使っています。

朝メイク時に日焼け止めを塗ったら、途中で塗り直すことがないので、SPF値50のものを使っています。

もちろん日焼け止めは、あくまで紫外線を防ぐためのものなので、スキンケアは必須です。
紫外線にはUVA波UVB波があり、どちらも肌にダメージを与えます。
特にシミ・シワの原因となるUVA波は大敵です。
日焼けしたら、黒くなる』と同時に『日焼けしたら、老化する』のです。

紫外線吸収材不使用

もともと敏感肌なのに紫外線を浴びると、さらに乾燥したりしてダメージを受けてしまいます。

紫外線吸収剤は、いったん紫外線を取り込んでから放出させることで肌に届かないようにします。

それに対して、紫外線散乱材は肌表面で紫外線を跳ね返します。
こちらの紫外線吸収剤を使っていないタイプを選ぶようにしています。

必ず日焼け止めを購入する前に、『紫外線吸収剤不使』と記載されていることを確かめてから買っています。
もし明記されていない場合は、使用感などのクチコミが良くても見合わせます。

たっぷり使えるコスパ

日焼け止めは、ほぼ一年中使うのでコスパがいいと助かります。

使用量が少ないと、充分な効果が得られません。
でも、やはり高価な日焼け止めだと思い切り使えない気がします。

もはや『日焼け止めは夏に使うもの』という感覚はありません。
太陽が照っていても、曇天でも、紫外線は降り注いでいます。

つまり、私にとって日焼け止めは季節を問わず外出する前の必需品です。
そんな訳で、惜しみなく適量を使うために、コスパが良い商品を選びます。

キュレルをリピートする理由

肌トラブルがない

キュレルは敏感肌向けのブランドなので、安心して使えます。
特にカサつくこともないですし、日焼け止めを塗ったことによる肌荒れは特にないので、また次も同じものをリピートすると思います。

化粧下地としても使える

UVローションという商品名ですが、白い乳液状の日焼け止めです。

外出する時は、化粧水と美容液のあと日焼け止めを塗って、その上からおしろいを使っています。
最近はファンデーションを使わないので、それだけで済ませることがほとんどです。

ドラッグストアで購入できる

日用品などの買い物に行ったとき、日焼け止めも一緒にカゴに入れます。

毎回同じものと決めているので、買い物のついでに気軽に購入できるのが良いですね。

特長と使用感

キュレルは敏感肌用のスキンケアラインですので、日焼け止めについても、使う人が求めている要望にきちんと答えてくれています。

・SPF50+PA+++
・赤ちゃんにも使える紫外線吸収剤無配合
・顔にもからだにも使える
・アルコールフリー
・無香料

容器をよく振ってから、適量を顔や体になじませます。
落とすときはメイク落としなどでよく洗います。

白残りしにくいものの、全くの無色透明ではないため、使用量が多いと近くで見たら塗っているのがわかります。
適量を塗れば、乾燥しにくいのですが、多少べたつくと感じるので、最後にフェイスパウダーで仕上げる方が良いと思います。

キュレルのスキンケアライン

美白ケアシリーズ』と『エイジングケアシリーズ』のお試しセットを使ったことがあります。

こちらも特に肌荒れすることなくお試しすることができました。
化粧水と乳液、化粧水とクリームのペアでミニサイズの容器がセットされています。

他にも、肌悩み別にシリーズで取りそろえています。
赤ちゃんから高齢の方まで、幅広い年代が使用できます。

ディープモイスチャースプレー

ボディケアのアイテムもキュレルを使っています。
顔にも体にも使える保湿スプレーです。

脱衣場に置いてあるので、肌のカサつきが気になったら、入浴後にスプレーしています。

・容器をさかさまにしてもスプレーできます。
・ミスト状の化粧水ですので、シュッとひと吹きで肌がしっとり潤います。


着ている服がベタベタするのが嫌なので、ボディクリームは塗りません。
気軽に保湿ケアしたいけど、ベタつきたくないというときにおすすめです。

最後に

毎日使っている『キュレル日焼け止めローション』をご紹介しました。

毎朝のお手入れには必ず日焼け止めも取り入れています。
それでも塗りムラがあったのか、マスクをして外出した際に、うっすら日焼けをしてしまいました!

マスクで覆われていない部分が、日焼けしていたのです。
(なんともマヌケな焼け跡で、鏡を見て苦笑いしました)

今はマスク焼けが気にならないのですが、いつかマスクをしない生活を再開したときまでに、美白美容液でお手入れしておかなければ!

タイトルとURLをコピーしました