【リトルムーン】夜会巻き用のスティックで髪をまとめる手順

雑貨
記事内に広告が含まれています。

春が待ち遠しいこの季節ですが、この機会に夜会巻きの練習をしてみませんか?

まとめ髪をするには、いろんな方法がありますが、スティックで手軽にアップヘアにするのがおすすめです。
↓こちらの記事で夜会巻き用のスティックをご紹介しています。
夜会巻きが簡単にできるリトルムーンのヘアアクセサリーがおすすめ

今回はスティックを使ったまとめ髪の手順をご紹介します。

夜会巻き用のスティックやコームを使ったことはないけど、簡単なら使ってみようかな…。
今はショートヘアだから夜会巻き用のヘアアクセサリーは使わないけど、まとめ髪もいいな。

そんな方に向けて、夜会巻きスティックの使い方を簡単にご説明したいと思います。
ここでは高度な技術は必要ありません。
シンプルな手順で髪をまとめるために、夜会巻きスティックが大活躍してくれます。

髪を束ねてねじり上げる

髪を後ろでひとつに束ねて、ねじります。
両手を使って、ねじった毛束を交互にしっかり持ちます。

土台を固める

後頭部のねじった部分がスティックをさす土台となります。

髪の束を後頭部に沿わせながら、上にねじっていくようにします。
サイドや襟足の髪もたるまないように、全体的にまとめながらねじります。
ねじり上げた部分が後頭部の中央にくるように、しっかりねじります。

左右どちらか、やりやすい方の手でねじった状態をキープしておきます。
(今回は、左手で毛束をキープ、右手でスティックをさす前提でご説明します)

両手でくるくるとねじって、後頭部に沿わせてねじり終わったら、一旦左手で毛束をしっかり持っておきます。

スティックで髪を固定する

髪を適量すくう

後でひっくり返すので、飾りの裏が見えるように右手でスティックを持ちます。

スティックの足から髪にさしていくので、なるべく飾りのついている方を持つようにします。
ねじった毛束にスティックをさします。
髪の表面から適量をすくうようにします。

このとき、あまりたくさんすくうと、後でスティックをひっくり返すときに固くて動かせません。
また、すくうのが少なすぎても、土台を固定できず落ちてきてしまいます。

この部分は何回か練習が必要です。
髪の質や量には個人差があるので、何度かやってみると、一番しっかり留まる量と位置がわかってきます。

スティックをひっくり返す

ここでスティックの飾りがついている部分を、180度回転させます。
スティックの足の部分はほぼ動かさずに、飾りの部分は半円を描くようなイメージで、右手でスティックをクルッとひっくり返してください。

このとき、まだ左手は毛束をしっかり持っています。

髪にスティックをさす

スティックの足を後頭部に沿わせてさしこみ、固定します。
スティックの足の先で頭皮や髪を傷めないようにしてください。

スティックの足はゆるやかにカーブしているので、後頭部にフィットします。
スティックをさすまでは、左手は毛束をしっかり掴んでいてください。

毛先をまとめる

スティックをさして、しっかり固定できたら、ここで両手を離しても大丈夫です。

この後、毛先を小さなクリップやヘアピンでくるくるとまとめて固定します。
または毛先を遊ばせてもいいです。

全体を整える

後れ毛などは、ワックスで固めたり、ヘアピンで留めます。
全体をしっかり固定するために、ハードタイプのヘアスプレーを使う場合は、飾りの部分にスプレーがかかってしまうと綺麗な輝きが損なわれてしまうので、必ず何かで覆うなどしてカバーしてください。

三面鏡や合わせ鏡などで、全体のバランスをチェックします。

さいごに簡単におさらい

髪をねじり上げる
 ↓
スティックで髪を適量すくう
 ↓
スティックをひっくり返す
 ↓
スティックをさしこむ
 ↓
毛先をまとめる

自分で夜会巻きができたときは感動しますよ!
さらにきれいな飾りが付いているとテンションが上がります。

今回は夜会巻きスティックでご説明しましたが、毛量の多い方やロングヘアの方は、夜会巻きコームを使った方が、よりしっかり固定できます。

リトルムーンのサイトに、夜会巻きのやり方を動画で紹介されています。

また、夜会巻きのためのヘアアクセサリーがたくさん販売されていて、どれも素敵です。
夜会巻き以外にも、シュシュやバレッタなど豊富なヘアアクセサリーがそろっています。

就活やお悔やみの席でも使える、飾りの付いていない櫛のみのタイプもあります。

ご興味のある方は、ぜひリトルムーンさんのサイトをチェックしてみてくださいね。

リトルムーン(ヘアアクセサリー)
タイトルとURLをコピーしました