発色が良くなる下地NARSスマッジプルーフアイシャドーベース

NARSアイベース ベース
記事内に広告が含まれています。

まぶたにアイシャドーを塗るとき、アイシャドー用の下地は使っていますか?

アイシャドーをきれいにまぶたにのせるためには、アイシャドーベースは欠かせません。

NARSスマッジプルーフアイシャドーベースについて、特長と使い方、さらに比較をしてみました。

アイシャドーの下地としてクチコミも高評価で、NARSの中でもロングセラーアイテムです。

NARSスマッジプルーフアイシャドーベースの特長

アイメイクの前に、まぶたに薄く塗って使います。

クリームシャドーやパウダーシャドーの前に塗っておくと、にじみやよれを防ぐ役割をしてくれます。

気が付いたら、下まぶたに色が移っていたりしますよね。

このNARSスマッジプルーフアイシャドーベースには、ポリマーとミネラルパウダーがブレンドされていて、カラーをしっかりと密着させてくれます。

アイシャドーベースがびったりフィットして、パウダーがよれずにくっついてくれますので、アイシャドーの持ちがいいです。

そして、アイシャドーの発色を良くする役割もしてくれます。

また、時間がたってもつけたての発色が持続します。

イヴサンローランのラディアントタッチはナチュラルなカバー力

NARSスマッジプルーフアイシャドーベースの使い方

アイシャドーベースは見た目には白いですが、まぶたに薄くのばすとほとんど目立ちません。

マットな質感で、やわらかめなクリーム状です。

少量でも薄くのびるので、コスパがいいです。

先がスポンジチップになっているので、容器のふちでよく落として、まぶたにのせます。

指でまぶた全体に均一に広げます。

その後、クリームアイシャドーやパウダーアイシャドーをのせます。

パウダーアイシャドーは、ブラシでふわっとのせていきます。

クリームアイシャドーは、指で均一にのばしていきます。

無香料なので、塗ってみて特に不快感はありません。

アイシャドーベースありとなしの比較

NARSスマッジプルーフアイシャドーベースを塗った上からアイシャドーを塗ったものと、アイシャドーを直接塗ったものを比較してみました。

ブラウン系やベージュ系のアイシャドーは、もともと肌なじみがいいので、色がにごってもそれほど気になりません。

でも、例えばブルー系のアイシャドーは肌色と混ざると、くすんで汚く見えます。

アイシャドーそのものの色をはっきりと発色させたいですね。

そんなとき、アイシャドーベースを塗っておくと、発色が良くなります。

肌なじみのいいブラウン系のアイシャドーではなく、あえてブルー系でやってみました。

分かりにくいかも知れませんが、アイシャドーベースありの方が、発色がいいです。

アイシャドー単体で塗ってみると、うまく肌にパウダーがのってくれず、発色が薄いです。

このアイシャドーに限らず、発色が弱いと感じるものも、下にこれを使えばしっかりと色がのってくれます。

気をつけること

容器のふちにアイシャドーベースが残ったままキャップをしめると、うまくしまらないまま放置してしまうことになります。

そこから空気が入ると、乾燥して固くなってしまいます。

使い終わったらすぐに、容器のふちをティッシュペーパーなどできれいにふき取って、キャップをきちんとしめてください。

さいごに

アイシャドーの引き立て役として、NARSスマッジプルーフアイシャドーベースは優秀なアイテムです。

まさに、縁の下の力持ちですね!

アイシャドーがうまく発色しない

パウダーアイシャドーが下まぶたに落ちてくる

時間がたつと、アイシャドーがよれてくる

アイシャドーがにじみやすい

少量でコスパのいいアイシャドー下地を使いたい

顔に塗るものは無香料がいい

無色のアイシャドー下地を使いたい

そんなときは、NARSスマッジプルーフアイシャドーベースが活躍してくれますよ!

阪急ビューティーオンラインでは、豊富なブランドを取り揃えています。

人気のデパートコスメをオンラインで取り寄せることができます。


【NARS】ナーズイスト ウォンテッド ベルベットリップグライドセット
肌なじみの良い色がたくさんセットされていて、塗り心地もバッチリ!

タイトルとURLをコピーしました