サイオスオレオクリームは職場で浮かない暗めに仕上がる白髪染め

サイオス ヘアケア
記事内に広告が含まれています。

春になったので、少し明るめのヘアカラーを探してみました。
せっかくなので、今まで試したことのない白髪染めを選びました。

syoss(サイオス)オレオクリームです。
色は、「4N リッチショコラ」にしてみました。
思っていたより、ダークなブラウンに仕上がったので、派手な色のヘアカラーが禁止されている職場でも大丈夫だと思います。

そして、落ち着いた色合いを探している中高年の方にもおすすめです。

サイオスを選んだ理由

自宅でセルフカラーをしているため、冬場は1回でしっかり染まって欲しくて、パックやトリートメントが付いているものを選んでいました。

最近は、すっかり寒さもなくなり、浴室での白髪染めも苦ではなくなりました。
それで、早めのサイクルでリタッチできるので、特にパックなど必要ないから手軽に染められるものを探しました。

そこで、サイオスを見つけました。
トリートメントなどは付いていないので、クレオディーテやルミエストより購入しやすいお値段でした。

オーソドックスな外箱

外箱だけ見ると、外国製のような、昔からあるような印象のパッケージです。
しかし、安っぽいイメージではなく、サロンの仕上がりが期待できるような予感がしました。

そこで、今まで一度も使用したことはありませんが、手軽にトライしてみました。
色は、明るくムラ染めになるのを防ぐために、最初は暗い色を選んでみました。

「オレオクリーム」とか「リッチショコラ」とか、ネーミングは美味しそうですね!

プチギフトに最適!アンリ・シャルパンティエのクレーム・ビスキュイ

シンプルで手軽な内容

箱に入っている内容物は、

①説明書
②カラーの液剤:1剤
③カラーの液剤:2剤
④トレー
⑤ブラシ
⑥手袋

自宅で気軽に白髪染めをするには、これだけ入っていれば十分です。

仕上がりの感想

染め終わって、シャンプーして、乾かしてみると…暗い!
それが最初の感想でした。

春だから、明るめの色にしたかったのですが、前回別のヘアカラーで明るくなり過ぎたため、「4N リッチショコラ」を選んだのです。
クレオディーテのショコラブラウンで白髪染めしたら明るすぎた!

これは、「真っ黒は嫌!でも落ち着いた色合いが好み!」という方にはおすすめです。

そして、数週間たってみた感想は、特にヘアパックなど付属されていなかったけど、色持ちは良かったです。
これは、白髪染めによくある「暗い色ほど落ちにくく、明るい色はすぐ落ちる」という性質もあるかも知れないと思いました。

3N ロイヤルブラウンもおすすめ

シンプルな工程で手軽に染めることができるのに、思ったより色持ちが良い!

そこが気に入って、その次もサイオスで染めることにしました。
次は、前回より1つ明るめの「3N ロイヤルブラウン」を選んでみました。

香りは、よくある一般的なヘアカラーのものです。
特に、涙が出るほどのツーンとした感じではありませんでした。

さて、仕上がりの髪色は「4N リッチショコラ」より若干明るい程度でした。
こちらの色合いでも、全然職場で浮かないと感じました。

春だから、明るい色に染めたかったので、次はもう1つ明るい色を選ぶかも知れません。

さいごに

「サイオス オレオクリーム」の白髪染めを試してみて、染まり具合が気に入りました。
「4N リッチショコラ」「3N ロイヤルブラウン」どちらも落ち着いた色合いで、どなたも安心して使える色だと思います。

そして、色持ちは良い方だと感じました。
白髪の伸びてくる速さは同じだけど、その伸びた部分が「真っ白」ではなく「うっすら色が残っている」状態でした。
なので、伸びてきた部分が目立ちにくいのだと思います。

冬は、すぐに色落ちすると、また早いサイクルで次も染めないといけないので、なるべく1回染めたら長持ちするように、アフターカラーヘアパックが付いたものを選んでいました。

しかし、今回のサイオスはヘアパックなしでも色持ちするので、
「冬に浴室でセルフカラーするから、なるべく早くヘアカラーを済ませたい!」
という方はぜひお試しください。
季節を問わず、手持ちのトリートメントを使うから、シンプルなヘアカラーだけ欲しいという方にもおすすめです。

自宅でセルフ白髪染め~ブローネルミエストとクレオディーテ~

タイトルとURLをコピーしました