【阪急バレンタイン2023】今年も自分用にチョコをパケ買い!

スイーツ
記事内に広告が含まれています。

昨年は、新年が明けるとともにチョコ選びを始めましたが、今回は年末すでにオンラインストアにチョコが並び始めていました。
そしてお正月休みが終わる頃には、欲しいチョコを絞り込み、WEBで注文しました。
フルーツ×チョコ
ナッツ×チョコ
コーヒー×チョコ
この組み合わせが昔からずっと好きなので、たくさんありすぎて迷いました。
東京のブランドを中心に選びました。
今年も阪急オンラインでチョコを入手したので、ご紹介します。

プレスバターサンド

バターサンド〈オランジェット〉

プレスバターサンド 外箱

5個入り
サイズ 23.5×8.4×3.9㎝
1,620円(税込)

オレンジとチョコのハーモニーが好きで選んでみました。
やっぱり柑橘系とチョコの組み合わせは最高!

プレスバターサンド


こだわりを感じるクリームサンドクッキーで、今回の商品の中でもっとも賞味期限が短いです。
オレンジキャラメルとショコラバタークリーム。
この2層のクリームを、オレンジバタークッキーとココアクッキーでサンドしています。

半分に割ってみたところ

ピスタアンドトーキョー

ピスタチオショコラクランチ〈ピスタチオ&ピスタチオ〉

ピスタアンドトーキョー 外箱

5個入り
サイズ 10.5×15.6×3.8㎝
1,215円(税込)

ピスタチオ入りのザクザククランチとピスタチオチョコが2層仕立てになっています。
鮮やかなグリーンで統一された外箱と個包装が目を引きます。

ピスタアンドトーキョー


ピスタチオチョコが好きなので、昨年までヴェストリのチョコを注文していましたが、今回初めてこちらの商品を選んでみました。

ピスタチオチョコがのったクランチチョコ

トーキョーチューリップローズ

チューリップローズ〈ショコラカシス〉

トーキョーチューリップローズ 外箱

4個入り
サイズ 12×12×5㎝
1,134円(税込)

パケ買いしたこちらの商品ですが、昨年もこのブランドのチョコに一目ぼれしました。
今や女性が自分用に買うことが多くなってきたバレンタインチョコですが、まさにこれは自分用に欲しいと即決した商品です。
パッケージがとてもかわいくて気に入りました。

トーキョーチューリップローズ

チューリップに見立てたココアラングドシャの中には、クーベルチュールとカシス香るクリームローズ。
食べるのがもったいないくらい、キュートなルックスです。

コーヒーラボ《モロゾフ×オニバスコーヒー》

オニバスショコラ

コーヒーラボ 外箱

8個入り
サイズ 9.4×17×3.5㎝
1,296円(税込)

オニバスコーヒーのコーヒー豆から作ったチョコだそうで、普段あまりコーヒーは飲みませんが、コーヒー味のチョコは大好きなので選んでみました。

コーヒーラボ


ガナッシュやクランチチョコなど、いろいろ入っていてコーヒー味のチョコを堪能できます。

さいごに

今回は、配達が遅れるアクシデントはありませんでしたが、包装の段ボール箱が複数に分かれていました。
これは、注文時に見落としていたのですが、後から注文履歴を見たら確かに別々になっていました。
送料は1配送分だけで、特に気が付きませんでした。
箱が複数になっただけで、全てお届け希望日に届いたので、特に問題はありませんでした。
1箱にまとめて梱包してくれた方が資材ごみは減りますが、お届け日のグループごとに分けられていたのだと思います。

あとは、くずれやすい商品には取扱注意のラベルが目立つように貼ってあり、簡易包装してくれていました。
商品よりかなりゆとりを持たせた大きさの段ボールに入っていましたが、これはショッパー(商品を入れる袋・紙の手提げ袋)を折らずに同梱してくれているからです。

店舗だと商品を手提げ袋に入れてくれますが、オンラインストアで購入しても、ちゃんとショッパーも付けてくれます。
どのブランドの袋もかわいくて、こちらも届くのは楽しみです。

ブランドショッパー

今回は、プレスバターサンドの袋がアクセントのきいたオレンジの持ち手で印象的でした。
紙袋からも各ブランドのこだわりが感じられて見ていて楽しいです。
あと、トーキョーチューリップローズのショッパーはコスメブランドのような、しっかりした袋でした。
また外箱もこちらのブランドがお花の形にリボンが付いていてダントツでかわいかったです。
今回は、チョコを食べ終わった後でリユースできる缶ケースの商品は選びませんでしたが、このお花の箱は気に入ったので何かに再利用したいと思います。


タイトルとURLをコピーしました